メニュー

関連サービス

生前整理とは・・・

生前整理と老前整理は「似て非なるもの」。

ホームページや書籍を見ると、生前整理、老前整理、断舎離といった言葉が、ほとんど同じ意味合いで使われているように感じます。しかし実際に当事者の立場から考えると、それは良くない…

なぜ良くないのかというと、中には「急を要する場合」があるからです。
当方には、ご家族が入院または施設に入所された方からのご依頼が数多く寄せられています。
そしてその大半は、急ぎの整理が求められるケースです。

それを考えると、まずはケースに応じた的確な言葉づくりと、その定義付けが最優先であると思えました。
なぜなら、それがなければお客様と的確なコミュニケーションが図りにくいからです。

そこで整理をしたのが以下のマップ。以降は、これに基づいてお話を進めていきます。
とはいえ、もちろん下記は「典型的な事例」に過ぎません。
これに該当しなくても、家財の整理をご希望される場合は、どうぞお気軽にご相談下さい。

【生前整理】
主に入院・入所等のご事情により、ご家族がリーダーシップをとって行う家財整理のこと。
→本人の意思確認が困難なケースが多くなり、限られた時間のなかで整理を行わなければならず、
専門家のアドバイスを必要とする場合が多くなる。

【老前整理】
シニア世代が余生を考え、自分自身がリーダーシップをとって行う家財整理のこと。
→本人の考えで希望事項のみを業者に依頼でき、時間的ゆとりをもって整理を進めることができる。