メニュー

関連サービス

よくあるご質問

知っているようで実は知らない「遺産相続」

相続税とは?

1年ごとの所得に課税される所得税とは異なり、故人が一生をかけて築きあげた財産全体に課税されます。

相続税って、みんな払わないといけないの?

法律により決められた遺産額(人により変わる)以内なら、相続税の申告義務はありません。
多くの方々はこの範囲内に入るため、相続税の支払は発生しないのが現実です。
「税は富の再配分」といわれ、お金をたくさん持っている人からたくさん徴収することで、貧富の差をなくして、社会的不平等を是正しようという考えに基づいています。
従って、そこそこの財産を引き継がない限り、相続税の心配は無用です。

遺産総額がいくらぐらいまでなら、相続税は払わなくていいの?

相続する遺産総額が概ね5,000万~8,000万円程度までなら相続税は免除される場合がほとんどです。
(もちろん状況により変わりますので、詳しくは専門家へおたずね下さい)
遺産額から差し引く事のできる額を控除額といい、基礎控除、配偶者特別控除など数種類の控除があります。

遺産ってどうやって分けるの?

遺言書がある場合は、その内容に沿って遺産を分割します。
遺言は、故人の意志として、法定相続よりも優先されます。(ただし遺言でも侵せない最低相続分も権利としてあり、これを遺留分といいます)
遺言がない時は、民法で決められている割合である法定相続分を、法定相続人に分割します。
法定相続人の順位については
1. 配偶者は常に相続できる
2. 次に第1順位は直系の子(子が亡くなっていた場合、孫)
3. 第2順位は直系の父母(父母が亡くなっていた場合、祖父母)
4. 第3順位は兄弟(兄弟が亡くなっていた場合、おい、めい)

借金も引き継がないといけないの?

前項で述べた通り、借金などのあらゆる債務もマイナスの相続財産です。
しかし、法律では以下のような3つの相続方法を認めており、借金のみを引き継がなければならない方々のために救いの手を差しのべています。

1.単純承認
プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する方法です。その上でマイナスの財産については、債権者に返済する。これは、予め、プラスの財産の方が多いとわかっている場合に有利です。

2.限定承認
計算してみないとわからないが、マイナス財産(借金)の方が多いかもしれない場合は、遺産の範囲内で借財を返す、限定承認という方法があります。
結果としてプラス財産のほうが多かったら、残りを遺産として取得できます。

3.相続放棄
一切相続しないパターンです。はじめからマイナス財産の方が多いことがわかっている場合の方法です。

遺産相続に必要な書類は?

金融機関名義変更解約等に必要な書類   各役所、戸籍・住民票担当窓口
●出生から死亡までのつながった戸籍(除籍・原戸籍)各1通
●死亡された方の戸籍附票1通 不動産の名義変更に必要
●相続人全員の戸籍謄本1通 家族が記載されている場合は1枚で可
●相続人全員の住民票1通 同一世帯は1枚で可
●相続人全員の印鑑証明1通

不動産名義変更等に必要な書類  各役所、税務担当窓口
●死亡された方の名寄帳1通
●名寄帳に記載の不動産評価証明 各1通